このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ健康・福祉・子育て感染症新型コロナウイルスお知らせ> 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

  新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗い、のほか
「3密(密集・密接・密閉)」を避ける等の「新しい生活様式」が求められています。
あなたの行動で感染症も熱中症も予防できます。一人ひとりの意識を高め、この夏を元気に乗り越えましょう。

暑さを避けましょう

・エアコンを利用する等、部屋の温度を調整しましょう。
・感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
・暑い日には無理をしないようにしましょう。
・涼しい服装を心がけましょう。
・急に暑くなった日は特に注意しましょう。

適宜マスクをはずしましょう

・気温、湿度の高い中でのマスク着用は要注意です。
屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合は、マスクをはずしましょう。
・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩しましょう。

こまめに水分補給をしましょう

・のどが渇く前に水分補給をしましょう。1日あたり1.2リットルが目安です。
・大量に汗をかいた時は、塩分も忘れずに摂取しましょう。

日頃から健康管理をしましょう

・日頃から、体温測定と健康チェックを心がけましょう。
・体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養しましょう。

熱中症に注意が必要な方への気配りを

高齢の方、お子さん、障がいをお持ちの方は、熱中症になりやすいので注意が必要です。3密を避けつつ、周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。

「熱中症警戒アラート」を活用しましょう

熱中症警戒アラートは、暑さへの「気づき」を呼びかけて、予防行動をとっていただくための情報です。熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境が予測される際に、その前日夕方または当日早朝に発表されますので、予防行動のために積極的に活用しましょう。
・発表対象期間:令和2年7月1日~10月28日まで
・発表対象地域:関東甲信地方1都8県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県)

詳しくは、下記のリンク先をご覧ください。
環境省「熱中症警戒アラート(試行)」の先行実施について
健康長寿とちぎWEB「熱中症警戒アラート(試行)」がはじまります
 

熱中症の症状について

熱中症の症状一覧

軽症

やや重い症状

重症

  • めまい、たちくらみ
  • 筋肉のけいれん
    (こむら返り)
  • 手足のしびれ
  • 気分不快
  • 頭痛
  • 吐き気、嘔吐
  • 体がだるい、ぐったりする
  • 集中力や判断力の低下
  • 意識がない
  • けいれん
  • 手足が動かない
    (普段通りに歩けない)
  • 体が熱い

  これらの症状が出たら、応急処置を行いましょう。
  応急処置をしても症状が改善されない場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。
  また、重傷の場合は応急処置を行うとともに、ためらわずに救急車を要請しましょう。

熱中症の応急処置について

  熱中症かな、と思ったら早めの応急処置を行いましょう。
  • 涼しい場所に移動する
  • 安静にする 
  • 衣類をゆるめて体を楽にする 
  • 水分+塩分を補給する
    (自力で水分補給が出来ない場合は、ためらわずに救急車を要請する)
  • 体を冷やす
    (冷やしたタオルや氷などで首や脇の下、足のつけ根を冷やす)

  応急処置については、 環境省 熱中症予防情報サイト内「熱中症の応急処置」もご覧ください。

熱中症についてさらに詳しく知りたい方は……

  以下のリンク先をご覧ください。(外部サイトです)


掲載日 令和2年7月1日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉課 成人健康係
住所:
〒329-0696 栃木県河内郡上三川町しらさぎ一丁目1番地
電話:
0285-56-9133
FAX:
0285-56-6868
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー